どこでも座れるウェアラブル椅子が紹介されていたので

ツイッターのタイムラインを見ていたら、ウェアラブル椅子が紹介されていました。見た目のインパクトがなかなかだったので、記録を残しておこうと思います。

椅子なのに
ウェアラブル?

いつか、あちらこちらで見かけるようなものになるのでしょうか。

プロダクト

名前は『LEX』です。
シンガポールのスタートアップが開発しています。

部屋

ソースのページを見れば、一目瞭然です。
二本足の椅子です。
大腿部から臀部にかけて装着します。まさしくウェアラブルです。

プロモーションビデオを観る限り、脚の展開は手動です。
大腿部の後ろ側に脚が収まるので、バックパック(リュックとか)と干渉しませんね。
ビデオでは、オフィス内で使っていました。
最近はフリーアドレスとかスタンディングとかありますから、けっこう需要はありそうです。

カラバリがあって見た目もユニークです。

個人的には、撮影地がシンガポールということで、懐かしさとあこがれを感じましたw

ソース

英語ですが、動画もあります。
目標金額の調達期限が2018年10月5日になっています。今の時点で、すでに目標金額を上回っていますので、手に入れやすいことでしょう。

LEX: Bionic Chair that Enhance Posture, Comfort & Life!
The exoskeleton that lets you sit with a perfect posture and make backpack feels weightless. Get extra miles out of life! 8mm Thick!

案内文は、Google先生などに翻訳してもらえば読めることでしょう。

言うまでもありませんが、バックは自己責任でお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました